読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貴方は何に関心がありますか?

世の中は移りにけりか何事も、人の思いも変わりけり

伊達家の重鎮とはどんな人物か

f:id:kuromekawa28:20160511194330j:plainPHP文庫

 伊達成美(しげざね)は、政宗の祖父晴宗の弟の実元の子で、政宗の父輝宗とは従兄弟の関係である。伊達家臣団の中でも猛将として知られ、天正13年の陸奥小手森城攻めでは城内の男女800人を皆殺しにして、その後の人取橋の戦いでは劣勢の伊達軍にあって善戦したことでその後、東北を代表する戦国大名となった。

 

 ただ、猛将ではあったが、時代を読む力はあまりなく、豊臣秀吉による小田原攻めの際には、参陣を勤める片倉景綱の意見に最後まで反対して政宗の小田原参陣が遅れた。

その頃から、主君の政宗との軋轢が生じ、朝鮮出兵には政宗に従って出陣はしたが帰国後に出奔してしまった。浪人となったことを知った上杉景勝が5万石で召抱えようと声をかけたが、応じなかった。結局、慶長5年に片倉景綱留守政景・石川昭光らの説得により帰参し、亘理城の城主として返り咲き、一門に列せられた。

 

 その後は、元和元年の大坂夏の陣にも政宗とともに出陣し、伊達家の重鎮として生涯を終えた。